会社設立虎の巻 Archives - 会社設立手続き虎の巻

会社設立虎の巻

会社設立手続き虎の巻

会社設立

会社設立は手続きにお金がかかるからチャレンジしてみたいけどなかなか一歩踏み出せない…そんな人も多いと思いますが、会社設立はどんな手続きでどのくらいのコストでできるのでしょうか?
また、最近では格安で会社設立できるという専門的な業者もあるみたいですが、そういったところを利用するのはどうなのでしょうか?

はじめに会社設立にかかるコストはどれくらいかと言うと、これは会社形態をどうするかによって変わってきます。
会社形態は現在株式会社・合同会社・合名会社・合資会社の4種類あって、一般的には株式会社がもっとも多く、次いで合同会社の数が多いです・

合名会社と合資会社に関しては個人事業主の集まりのような特徴になってしまうため、会社設立の話をするときには省かれることが多く、ここでも割愛したいと思います。
株式会社を設立するときにまず行う手続きに定款の作成がありますが、ここにかかるコストは認証手数料の50,000円と紙の定款にする場合は印紙代40,000円が必要になります。

今は電子定款が主流になっているため、印紙代40,000円は必要ないことがほとんどです。
次に登録免許税が150.000円必要になりますし、その他手数料などを含めると株式会社を設立するには最低でも200,000円~240,000円かかる計算になります。

電子定款にする場合は専門的な知識や技術が必要になりますので、業者に依頼することも多いのですが、こういった業者を利用するときに注意したいのが業者に専門家が在籍しているのかそれとも委託なのかを確認することです。
在籍していれば手続きも比較的スムーズですし、挨拶の際のメールを作成するときのアドバイスなど簡単なこともすぐに相談できて便利です。

話を戻して合同会社を設立する際にかかるコストですが、合同会社は株式会社と違って定款の認証が必要ありませんから、印紙代がかからないため、電子定款にすると登録免許税だけでOKになります。
登録免許税は合同会社の場合は60,000円でいいので、コスト面で言えば合同会社はお得になります。

合同会社を設立する場合も専門的な業者を利用することが可能です。
会社設立するためにはまず、手続きの一覧を作成してどのような流れで進めて行けばいいのか、会社形態ごとに調べていくことをおすすめします。

株式会社と合同会社ではトータルでかかるコストが大幅に異なりますし、どこの業者に依頼するのか、またどんな内容を依頼するのかによってもコストは変わってくるのでその点もチェックしておいてください。

会社設立虎の巻

会社設立の手続きの流れ一覧

会社設立の手続きはどんなものになるのか、その流れに合わせて一覧でご紹介していきましょう。
まずは定款の作成に必要な会社の概要を決めます。
会社の形態、社名、代表者名、本社所在地、連絡先、口座のある銀行、事業目的、規則といったものです。
これら条件に応じて定款を作りますので、まずこれらを決めてください。
(さらに…)

会社設立虎の巻

登記手続きについて

会社設立を目指すとき、避けて通れないのが登記の手続きです。
コレが終わると形だけは会社が出来上がりますので、一つのゴールとして目指すといいでしょう。
登記とは不動産の取得のときにも必要になる手続きで、自分の所有物の概要や所有者名を記録する手続きになります。
会社設立のときに必要なのは、その会社の名前や代表者名、定款など、会社に必要な情報を記録するためです。
これをすることで、その会社が公の帳簿に登録され、いつ、誰が、どういう目的でどのような会社を作ったのかがわかるようになるんですね。
(さらに…)

会社設立虎の巻

会社設立にともなう保険の手続き

会社設立が一段落したあと、税金や年金関係の手続きが必要になりますが、それに合わせて保険の手続きも必要です。
コレをしなくても税務や本業には支障ないこともありますので、見落とす方も少なくありません。
しかしこれをしないと、立ちあがった会社の法人としての体裁が整いませんので、会社設立の直後に合わせてやっておきたい手続きですね。
(さらに…)

会社設立虎の巻

会社設立にともなう年金の手続きとは

会社設立をするときは年金の手続きもあわせて必要になります。
法人組織に雇用されると、国の年金ではなく、会社員が加入する専門の年金になりますよね。
会社を作ったら、その会社の従業員は社長も含めて、自動で専門の年金に切り替わるわけではありません。
これもきちんと手続きをするから、その会社の従業員は会社用の年金に加入できるんですね。
(さらに…)

会社設立虎の巻

税金関係の手続き

登記が終われば、形の上では会社ができていますが、本当にその会社を運営してビジネスをしていくのなら、税金関係の手続きが必要になります。
登記が終わったあとの手続きになりますので、見落としやすいポイントですね。
この手続きも会社設立の手続きだと思って準備しておくと、手続きがスムーズです。
(さらに…)

会社設立虎の巻

会社設立のスケジュール

効率よく会社設立の準備を進めるためにも、この手続きのスケジュールをご紹介しましょう。
まず簡単に手続きの流れをご紹介すると、最初にやるのは事前準備として、印鑑の用意や、定款の草案作成などです。
コレが終わったら定款を作成し、公証役場での認定をもらいます。
ここまで終われば資本金の払い込み、その他の必要書類の作成ときて、最後に法務局で登記をやったら、その会社の設立は一応完了です。
(さらに…)

会社設立虎の巻

会社設立手続きの代行とは

会社設立の手続きは代行を頼めます。
つまり自分で手続きをしなくても、代行をお願いした相手がアナタの会社の設立手続きをやってくれるんです。
コレを選ぶと、自分で手続きの準備などをしなくてよくなります。
極端な話をいうと、会社設立の手続きを一切知らなくても会社を作れるんですね。
(さらに…)

会社設立虎の巻

自分で手続きをするときは

自分で会社設立手続きをするとき、意識して注意したいのは、印鑑の用意です。
これがないと、以降の書類作成をどれだけ進めても、途中で手続きが止まることがありますので、なるべく早めに用意しておくことをオススメします。
(さらに…)

会社設立虎の巻

会社設立手続きの種類

会社設立の手続きは、会社の種類によって変わります。
そもそも会社には2つの種類があり、どちらを選ぶかで方向性もかなり変わることをチェックしておくといいでしょう。
その2種類とは、株式会社と合同会社になります。
(さらに…)

会社設立虎の巻