会社設立にともなう年金の手続きとは - 会社設立手続き虎の巻

Home » 会社設立虎の巻 » 会社設立にともなう年金の手続きとは

会社設立にともなう年金の手続きとは

会社設立をするときは年金の手続きもあわせて必要になります。
法人組織に雇用されると、国の年金ではなく、会社員が加入する専門の年金になりますよね。
会社を作ったら、その会社の従業員は社長も含めて、自動で専門の年金に切り替わるわけではありません。
これもきちんと手続きをするから、その会社の従業員は会社用の年金に加入できるんですね。

会社設立をすると、その年金の手続きをしないといけません。
税金などに比べてさらに見落としやすいポイントですから、気を付けてください。
これの手続き先は、本社所在地を管轄している年金事務所になります。
その事務所まで出向き、書類を提出したら手続き終了です。
その提出書類とは、健康保険・厚生年金保険新規適用届、健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届などです。
これらを提出することで、その会社の従業員は会社用の専門の年金へと加入できるようになります。

会社設立には、この手続きもセットで必要だと覚えておいてください。
なぜなら、会社を作ると、会社用の年金への加入義務があるからです。
国の年金と好きな方を選べるわけではない点に注意してください。
これをきちんとしていないと、コンプライアンス違反の企業として、あまりいい評判を受けなくなります。

この手続きの準備は、必要な書類の入手と記入です。
書類は年金事務所に置いてありますので、近所に事務所がある方は一度行ってみるといいでしょう。
この書類を提出するにあたり、添付書類として定款のコピーや登記事項証明書、社員の名簿などが必要になることがあります。
実際にどれが必要になるかは、それぞれのケースによりますので、年金事務所か専門家に相談してみるといいでしょう。
手続き自体は書類の提出だけですので簡単です。

ただ、時間がない場合もありますよね。
この手続きも専門家に代行してもらえます。
年金のような社会保険の専門家は、社会保険労務士です。
この専門家なら手続きも詳しいですし、会社設立にともなうこれら手続きの代行を請け負っている場合もあります。
専門家への代行を積極的に考えるなら、これら専門家を探すのが手続きの準備となるでしょう。

会社設立虎の巻