会社設立のスケジュール - 会社設立手続き虎の巻

Home » 会社設立虎の巻 » 会社設立のスケジュール

会社設立のスケジュール

効率よく会社設立の準備を進めるためにも、この手続きのスケジュールをご紹介しましょう。
まず簡単に手続きの流れをご紹介すると、最初にやるのは事前準備として、印鑑の用意や、定款の草案作成などです。
コレが終わったら定款を作成し、公証役場での認定をもらいます。
ここまで終われば資本金の払い込み、その他の必要書類の作成ときて、最後に法務局で登記をやったら、その会社の設立は一応完了です。

これからまだ税金や保険関係の手続きがあり、これらが終わらないと実際の会社運営はスタートできませんが、ひとまず会社の形を作るだけでいいなら、登記が終わった時点で完了しているんですね。
ここまでのところでかかるスケジュールの目安ですが、だいたい早くて2週間ほどです。
自分で手続きをするなら、定款の作成などにも比較的時間がかかりやすいため、余裕を持って1か月ほどは時間を取っておくと、落ち着いて手続きを進められます。

とにかく急ぐ場合は、最短でどれくらいのスケジュールになるのでしょうか?
このときは1週間ほどになります。
このスケジュールで会社を作りたいなら、よほど手続きに詳しい方を除いて、ほとんどの場合は専門家の利用となります。
その中でも特にスピード手続きに対応している専門家がオススメです。
そのような相手を急いで探しましょう。
相手は司法書士や行政書士、これら専門家が複数人属する会社設立サポートサービスなどになります。

これら専門家やサービスの中で、スピード手続きに対応している場合、1〜2日でほとんどの手続きを終わらせ、スピーディに登記申請へと進んでくれます。
この登録が終わるまでに早くても3〜4日程度はかかるため、どんなに早くても1週間程度は必要になるんですね。

会社設立の手続きスケジュールはこのようになります。
手続きを急がないなら1か月ほどを目安にコツコツと準備を進めるといいですし、急ぐのなら1週間ほどでの設立を目指して、手続きの早い専門家を急いで探すといいでしょう。

会社設立虎の巻