会社設立の手続きの流れ一覧 - 会社設立手続き虎の巻

Home » 会社設立虎の巻 » 会社設立の手続きの流れ一覧

会社設立の手続きの流れ一覧

会社設立の手続きはどんなものになるのか、その流れに合わせて一覧でご紹介していきましょう。
まずは定款の作成に必要な会社の概要を決めます。
会社の形態、社名、代表者名、本社所在地、連絡先、口座のある銀行、事業目的、規則といったものです。
これら条件に応じて定款を作りますので、まずこれらを決めてください。

これは専門家に代行を依頼するときも同じで、これら条件が未定では作りようがないんですね。
逆にいえば、これら条件が決まれば定款もすぐに作れます。
自分で作る場合はやや手間取るでしょうが、記載事項やその内容さえ決まれば、あとは書式にそれを記載していくだけですので簡単です。

そのためにもまずは定款の草案を作りつつ、印鑑の用意なども並行して進めておきましょう。
印鑑とは法人用の専用物で、通販などではセットでよく売られています。
会社を作る方は早めに購入しておくといいですが、これは定款の草案を作った後がオススメです。
社名の決め方にも決まりがあり、使えないものがあるからです。
今考えている社名が少なくとも問題ないことは確認してから、印鑑の注文に入るといいでしょう。

定款作成の準備が整ったら実際に作成し、できたものは公証役場で認証を受けます。
ここまでくればあと一歩で、そのあとは資本金の振込のほか、定款以外の必要書類の作成です。
その書類とは、登記申請書や取締役の就任承諾書、印鑑届出書などです。
場合によっては、発起人の決定書や代表取締役の就任承諾書、監査役の就任承諾書といったものも必要になります。

これらをすべて揃えたら、あとは法務局で登記の手続きをします。
必要物が揃っていれば、窓口で書類を提出するだけです。
このときに登録免許税の支払いのため、収入印紙を貼りつけて提出するのを忘れないようにしてください。

このように申請し、法務局がそれを認めれば会社が設立されたことになります。
あとは税務署、年金事務所、職業安定所などで、法人用の税金や社会保障の開始手続きをすれば、会社経営をスタートできます。

会社設立虎の巻