会社設立手続きの代行とは - 会社設立手続き虎の巻

Home » 会社設立虎の巻 » 会社設立手続きの代行とは

会社設立手続きの代行とは

会社設立の手続きは代行を頼めます。
つまり自分で手続きをしなくても、代行をお願いした相手がアナタの会社の設立手続きをやってくれるんです。
コレを選ぶと、自分で手続きの準備などをしなくてよくなります。
極端な話をいうと、会社設立の手続きを一切知らなくても会社を作れるんですね。

それで何か困ることがあるかというと、特にありません。
会社設立は短期間に何度もやるものではありませんし、無理に自分で手続きをする必要もありません。
実際には本業と関係ない手間になりますから、これに時間をかけすぎて本業がおろそかになり、アナタのビジネスが行き詰まっては意味がありませんよね。
手続きを調べてもまったくわからなかった方や、自分で調べる時間や手間を取れない方など、思い切って専門家への代行を頼むといいでしょう。

これをするときの準備として、今やっている事業の目的や会社の社名、所在地、代表者などをできるだけ具体的に固めておくことです。
手続き自体は専門家が代行してくれますが、その中でどんな会社を作るのか、ヒアリングされます。
そのときにできるだけ具体的な回答ができた方が、手続きもスムーズです。
実際には専門家に代行してもらえば、打ち合わせのときに決定が必要な項目を教えてくれますので、自分で手続きをするときほど綿密な準備は必要ありません。
自分が設立すると書くの税理士に頼むとすぐに相談できるので安心です。
例えば大阪で起業するのに東京の税理士だといざというときにすぐに来てもらえません。
大阪で会社設立をするなら大阪の税理士がおすすめです。

あとは代行してくれる専門家を探すことです。
その相手は司法書士や行政書士になることが多いですが、手続きの完全代行を希望するなら、すべての手続きの代行を請け負っている相手を選ぶといいでしょう。
場合によると、書類の作成代行のみなど、一部の手続きに限って代行している専門家もいます。
そのような相手では完全代行は依頼できませんから、各専門家に依頼を打診している段階で、どこまでの手続きを代行できるのか、よく確認しておくといいです。
最後に正式な依頼を出す前に、この代行でかかる費用を確認しておくといいでしょう。
完全代行の場合でも10万円以下で利用できる専門家もいれば、10万円以上といった費用になる場合もあります。

会社設立虎の巻