会社設立手続きの種類 - 会社設立手続き虎の巻

Home » 会社設立虎の巻 » 会社設立手続きの種類

会社設立手続きの種類

会社設立の手続きは、会社の種類によって変わります。
そもそも会社には2つの種類があり、どちらを選ぶかで方向性もかなり変わることをチェックしておくといいでしょう。
その2種類とは、株式会社と合同会社になります。

株式会社とは現在もっともメジャーな会社のスタイルで、株式の発行によって出資を募れる会社ですね。
社会的な信用度も高いですから、今から会社を作るならこちらを選ぶ方が多いでしょう。
それに対して、見落とされがちなのが合同会社です。
これは一昔前の有限会社のことです。
あまりメジャーではありませんが、その代わりに設立も比較的簡単ですね。

これら2種類の会社の設立手続きで、大きな違いが出るのが、手続き時にかかる費用です。
株式会社の場合、基本的に24万円近くかかります。
十分な資本金を用意して起業に臨んでいる方には、それほど重くない負担かもしれません。
ただ、最近は資本金1円でも起業できるようになっていますので、それほど資金に余裕がない方もおられるでしょう。
株式会社の設立手続き自体に20万円以上のお金がかかる点も見落とされがちですので、よくチェックしておいてください。

コレを少しでも安くしたいとき、向いているのが合同会社です。
株式会社に比べて社会的信用はやや落ちますが、事業拡大の予定がない会社の場合、合同会社でも特に支障がないことは多いです。
節税に有利という法人化のメリットも、株式会社と同じように得られます。
それでいて、会社設立手続きにかかる費用は10万円ほどになります。
株式会社との違いは、公証役場での認定の手続きがいらないことと、登録免許税が安いことです。
これらのおかげで、合同会社の方が14万円ほど手続き費用が安くなります。
お金がない方には嬉しいポイントですね。

ちなみにこれら費用は手続き時に一括で支払いが必要で、後払いやローンのような分割払いはできません。
費用をすぐ出せない方は、このお金の準備も会社設立手続きにあたって必要です。
株式会社にこだわる理由がない方は、合同会社を選んで費用の負担を軽くするのがオススメですよ。

会社設立虎の巻