会社設立手続き虎の巻 - 会社設立手続き虎の巻

Home » 会社設立虎の巻 » 会社設立手続き虎の巻

会社設立手続き虎の巻

会社設立

会社設立は手続きにお金がかかるからチャレンジしてみたいけどなかなか一歩踏み出せない…そんな人も多いと思いますが、会社設立はどんな手続きでどのくらいのコストでできるのでしょうか?
また、最近では格安で会社設立できるという専門的な業者もあるみたいですが、そういったところを利用するのはどうなのでしょうか?

はじめに会社設立にかかるコストはどれくらいかと言うと、これは会社形態をどうするかによって変わってきます。
会社形態は現在株式会社・合同会社・合名会社・合資会社の4種類あって、一般的には株式会社がもっとも多く、次いで合同会社の数が多いです・

合名会社と合資会社に関しては個人事業主の集まりのような特徴になってしまうため、会社設立の話をするときには省かれることが多く、ここでも割愛したいと思います。
株式会社を設立するときにまず行う手続きに定款の作成がありますが、ここにかかるコストは認証手数料の50,000円と紙の定款にする場合は印紙代40,000円が必要になります。

今は電子定款が主流になっているため、印紙代40,000円は必要ないことがほとんどです。
次に登録免許税が150.000円必要になりますし、その他手数料などを含めると株式会社を設立するには最低でも200,000円~240,000円かかる計算になります。

電子定款にする場合は専門的な知識や技術が必要になりますので、業者に依頼することも多いのですが、こういった業者を利用するときに注意したいのが業者に専門家が在籍しているのかそれとも委託なのかを確認することです。
在籍していれば手続きも比較的スムーズですし、挨拶の際のメールを作成するときのアドバイスなど簡単なこともすぐに相談できて便利です。

話を戻して合同会社を設立する際にかかるコストですが、合同会社は株式会社と違って定款の認証が必要ありませんから、印紙代がかからないため、電子定款にすると登録免許税だけでOKになります。
登録免許税は合同会社の場合は60,000円でいいので、コスト面で言えば合同会社はお得になります。

合同会社を設立する場合も専門的な業者を利用することが可能です。
会社設立するためにはまず、手続きの一覧を作成してどのような流れで進めて行けばいいのか、会社形態ごとに調べていくことをおすすめします。

株式会社と合同会社ではトータルでかかるコストが大幅に異なりますし、どこの業者に依頼するのか、またどんな内容を依頼するのかによってもコストは変わってくるのでその点もチェックしておいてください。

会社設立虎の巻