自分で手続きをするときは - 会社設立手続き虎の巻

Home » 会社設立虎の巻 » 自分で手続きをするときは

自分で手続きをするときは

自分で会社設立手続きをするとき、意識して注意したいのは、印鑑の用意です。
これがないと、以降の書類作成をどれだけ進めても、途中で手続きが止まることがありますので、なるべく早めに用意しておくことをオススメします。

ココで用意したい印鑑とは、個人用の印鑑ではなく、法人用の印鑑です。
最近ではWEB通販などで法人用の印鑑セットが売られていますから、コレを購入しておきましょう。
必要なのは法人用の実印、銀行印、社印といった一連の印鑑です。

会社設立のために絶対に必要になるのは、この手続きの中で実際に必要になる法人用の実印と、法人用の口座開設時に必要になる銀行印の2つです。
最悪でもこれら2つの印鑑があれば、ひとまず会社は作れるものの、実際に会社を運営していく上でほかの印鑑がないと困ることも多いですね。
会社名が彫られた社印のほか、会社の所在地や連絡先などの基本情報がすべて印鑑になっているゴム印なども用意しておくと非常に便利です。
できれば会社設立の前準備として、これら印鑑をすべてセットで購入しておくといいですよ。

コレを意識して用意しておきたいのは、起業のために必ず必要になるわりには、専用の書類の作成に比べると見落としがちだからです。
会社設立を自分でやろうと思うと、特に気になるのは定款の作成ではないでしょうか?
会社の規則を定めたもので、書式や記載項目も独特のものがあります。
個人が誰でもすぐに作れる書類ではありませんので、自分で手続きするならこの定款の作成をどうクリアするかがポイントになるでしょう。
ここだけ専門家の力を借りる、無料の書類作成サポートを使うといった方法がありますので、原則自分で手続きしたいなら、これらのどれを使うか、悩まれる方も多いですね。

ここも確かにポイントになるのですが、ここをクリアできても印鑑がないと、法務局での登記手続きが終わりません。
専門家に相談や依頼をすると、これら印鑑の準備も必要なタイミングでオススメしてもらえますが、自分で手続きをするなら自分で用意しておかないといけません。
前準備として忘れずに用意しておきましょう。

会社設立虎の巻