会社設立虎の巻 Archives - 会社設立手続き虎の巻

会社設立虎の巻

会社設立を税理士に相談!費用は?

会社設立

・会社設立の手続きサポートを税理士に頼むと高い?
会社設立サポートを税理士に頼んだ場合、費用はいくらくらい掛かるのでしょうか?
面倒な書類作業も、専門家のアドバイスを受けながら作成をすれば、スムーズに進みます。
今回は、そんな会社設立に掛かる費用について、詳しく説明したいと思います。

・税理士の開業支援
税理士にお願いすると、開業に関するサポートをしてくれます。
サポートの内容は、会社設立に関する書類作成の手伝いであったり、事業計画書の作成や、会計管理など、経営をトータルでサポートしてもらうことができます。
そのためには顧問契約を結んで担当してもらうことになります。
税理士を雇った場合の費用は、どこまで任せるのかによりますが、大体一つの業務を委託するのに5万円~10万円前後が費用の目安となっています。
これが高く感じるか、安く感じるかは人それぞれですが、税理士を雇うのに掛った費用は、会社の経費として計上ができますので、労力を減らすために可能であれば雇った方がいいでしょう。

・税理士の資金調達サポート
会社設立をする時には、運転資金にあてるためのお金が必要になるため資金調達が欠かせません。
本来なら銀行などの金融機関に融資をお願いして、運転資金を調達するのですがなかなか思ったようにいかないこともあります。
税理士事務所の中には、そう言った資金調達のサポートも行っているところがあります。
事業計画を代わりに作成して、民間の金融機関だけではなく、国の融資制度など様々な資金調達手段を提案し、サポートしてくれるサービスです。
運転資金を集めようと考えている人は、そういったサービスを利用するといいでしょう。

・管理会計を委託
会社の会計を税理士事務所に委託して、経理部門を社内に設置せずに本業に集中するスタイルで運営することも可能です。
管理会計は一般公開する財務会計とは違って、経営者が経営戦略を練る上で必要な情報をまとめる仕事になります。
例えば原価計算や、変動損益計算書、キャッシュフロー分析、経営分析、予算管理などを税理士が代わりにやってくれます。
会計の知識が無い経営者でも、外部から専門家を雇えば、 詳細な分析を行い事業の収益性を明確にすることができます。

・税理士の事業計画アドバイス
税理士は税金の計算だけではなく、事業計画のアドバイスにも長けています。
業務の効率化をサポートし、顧客の紹介までおこなってくれるところがあるので、良い税理士と顧問契約を結ぶのは、会社を成功させるためには、必要不可欠なのかもしれません。
予算に余裕がある場合は、こういった専門家を雇って、自分にとって専門外の分野をサポートしてもらいましょう。

会社設立虎の巻

会社設立がオンラインで可能?

会社設立

法律に規定された一定の事項に関して第三者に公示するために、国が管理する登記簿という帳簿に記録することを登記と言います。
また、商法・会社法などの法律の規定で、商人や会社などの営業について一定の事項の登記が商業登記です。
この商業登記は、会社などの信用の維持を図って、それと共に取引の安全と円滑に資することを目的とした制度になります。
商業登記の中で会社設立する際に申請する登記のことを設立登記と言って、会社は本店の所在地の法務局で設立登記をすることで会社設立が成立するのです。
例えば、東京都新宿区に本店を設置する会社は、東京法務局新宿出張所に登記申請をします。
ちなみに、本店の所在地を管轄する法務局に関しては、法務局ホームページで確認できるので参考にすると良いです。

ただ会社設立の際には、会社組織運営のルールをまとめた定款を作成して、公証人に提出して事前チェックを受け公証役場に直接出向いて認証を受ける必要があります。
その後、法務局に会社設立登記申請に必要な書類を提出するという流れで、現行では公証人による定款の認証に約1週間程度、その後の登記申請から登記完了までの手続きに約3日程度、全て合計すると約10日間程度要するのです。
この会社設立手続きの煩わしさが起業するうえでひとつの障壁になっていると考えられています。
2001年から2015年までの日本の開業率は、中小企業庁によると約5%前後で推移していて、英国やフランスでは約13%前後なので、日本は低い水準にあることがわかります。
また、起業のしやすさに関する総合順位でも世界で89位で、会社設立手続きの煩わしさに加えて、開業コストが欧米諸国に比べて高いことが要因となっているのです。

その為、政府ではスマホやパソコンの画面で公証人と直接面談ができて、公証役場に行く必要がなく認証後の法務局への設立登記手続きも同時に並行して行える見直し案を考えています。
このように認証から設立登記手続きまでオンライン化されることにより、1日で会社設立登記が可能とする手続きを簡素化して起業を促す予定です。
スタートアップがしやすくなることは、ビジネスに関係する人間なら誰もが歓迎することですが、オンライン化については賛否両論あります。
ただ、現段階でも電子定款の作成やオンラインによる設立登記の申請が行えるのです。
ですから政府が進めるオンライン化は別にしても、オンラインで申請すると言ったことも、会社設立の方法のひとつとして考えてみると良いでしょう。

会社設立虎の巻

会社設立後に必要な保険の手続きと役割、期限について

会社設立01

会社の設立に関する手続きが完了したら保険に加入して、会社として人材を雇用できるように体制を整えましょう。
会社設立後に行う保険の手続きは、社会保険だけでなく雇用保険や労災保険などの手続きも必要になります。
そこで、それぞれの保険にはどのような役割があるのか、どこに提出するのかなどについて見ていきましょう。

・それぞれの保険の役割について!
まず、社会保険というのは健康保険のことで、会社を設立した場合は社会保険に加入することが義務となっています。
役員や従業員の人数に関係なく、自分しかいない会社であっても給与がある場合は社会保険に加入しなければなりません。
雇用保険というのは従業員を雇ったときに加入する保険で、雇用保険適用事務所設置届と雇用保険被保険者資格取得届の2つの書類を提出する必要があります。
最後に、労災保険についてですが、労災保険というのは従業員を雇用したときに加入する保険で、従業員が勤務中にケガを負ってしまった場合に手当をもらえる制度です。
労災保険に加入したい場合は、保険関係成立届と労働保険概算保険申告書を提出しなければなりません。

・これらの書類はどこに提出するの?期限は?
健康保険の書類を提出する場合は、健康保険・厚生年金保険新規適用届や健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届、健康保険被扶養者届なども一緒に書類を提出しましょう。
これらの手続きは会社設立から5日以内に年金事務所に書類を提出しなければなりません。
雇用保険の場合は会社設立から10日以内に手続きを行う、または従業員を雇用した日から10日以内に公共職業安定所に書類を提出しましょう。
労災保険に関する保険関係成立届を提出するときは、従業員を雇用した日の翌日から10日以内に提出しなければなりません。
また、労働保険概算保険申告書については保険関係が成立した日から50日以内に書類を提出しなければなりません。
保険関係成立届を提出するときに労働保険概算保険申告書を一緒に書類を提出するのが一般的となっています。

このように保険についてはあまりよく分からないという人が多いと思います。
会社設立後はこれらの保険に関する手続きを行わなければならないので、期限内に手続きを行えるようにしましょう。
保険の手続きに関しては会社設立から何日までと決まっていたり、従業員を雇用してから書類を提出する保険もあるので、間違えのないように手続きを行うことが大切になります。

会社設立虎の巻

会社設立手続き虎の巻

会社設立

会社設立は手続きにお金がかかるからチャレンジしてみたいけどなかなか一歩踏み出せない…そんな人も多いと思いますが、会社設立はどんな手続きでどのくらいのコストでできるのでしょうか?
また、最近では格安で会社設立できるという専門的な業者もあるみたいですが、そういったところを利用するのはどうなのでしょうか?

はじめに会社設立にかかるコストはどれくらいかと言うと、これは会社形態をどうするかによって変わってきます。
会社形態は現在株式会社・合同会社・合名会社・合資会社の4種類あって、一般的には株式会社がもっとも多く、次いで合同会社の数が多いです・

合名会社と合資会社に関しては個人事業主の集まりのような特徴になってしまうため、会社設立の話をするときには省かれることが多く、ここでも割愛したいと思います。
株式会社を設立するときにまず行う手続きに定款の作成がありますが、ここにかかるコストは認証手数料の50,000円と紙の定款にする場合は印紙代40,000円が必要になります。

今は電子定款が主流になっているため、印紙代40,000円は必要ないことがほとんどです。
次に登録免許税が150.000円必要になりますし、その他手数料などを含めると株式会社を設立するには最低でも200,000円~240,000円かかる計算になります。

電子定款にする場合は専門的な知識や技術が必要になりますので、業者に依頼することも多いのですが、こういった業者を利用するときに注意したいのが業者に専門家が在籍しているのかそれとも委託なのかを確認することです。
在籍していれば手続きも比較的スムーズですし、挨拶の際のメールを作成するときのアドバイスなど簡単なこともすぐに相談できて便利です。

話を戻して合同会社を設立する際にかかるコストですが、合同会社は株式会社と違って定款の認証が必要ありませんから、印紙代がかからないため、電子定款にすると登録免許税だけでOKになります。
登録免許税は合同会社の場合は60,000円でいいので、コスト面で言えば合同会社はお得になります。

合同会社を設立する場合も専門的な業者を利用することが可能です。
会社設立するためにはまず、手続きの一覧を作成してどのような流れで進めて行けばいいのか、会社形態ごとに調べていくことをおすすめします。

株式会社と合同会社ではトータルでかかるコストが大幅に異なりますし、どこの業者に依頼するのか、またどんな内容を依頼するのかによってもコストは変わってくるのでその点もチェックしておいてください。

会社設立虎の巻

会社設立の手続きの流れ一覧

会社設立の手続きはどんなものになるのか、その流れに合わせて一覧でご紹介していきましょう。
まずは定款の作成に必要な会社の概要を決めます。
会社の形態、社名、代表者名、本社所在地、連絡先、口座のある銀行、事業目的、規則といったものです。
これら条件に応じて定款を作りますので、まずこれらを決めてください。
(さらに…)

会社設立虎の巻

登記手続きについて

会社設立を目指すとき、避けて通れないのが登記の手続きです。
コレが終わると形だけは会社が出来上がりますので、一つのゴールとして目指すといいでしょう。
登記とは不動産の取得のときにも必要になる手続きで、自分の所有物の概要や所有者名を記録する手続きになります。
会社設立のときに必要なのは、その会社の名前や代表者名、定款など、会社に必要な情報を記録するためです。
これをすることで、その会社が公の帳簿に登録され、いつ、誰が、どういう目的でどのような会社を作ったのかがわかるようになるんですね。
(さらに…)

会社設立虎の巻

会社設立にともなう保険の手続き

会社設立が一段落したあと、税金や年金関係の手続きが必要になりますが、それに合わせて保険の手続きも必要です。
コレをしなくても税務や本業には支障ないこともありますので、見落とす方も少なくありません。
しかしこれをしないと、立ちあがった会社の法人としての体裁が整いませんので、会社設立の直後に合わせてやっておきたい手続きですね。
(さらに…)

会社設立虎の巻

会社設立にともなう年金の手続きとは

会社設立をするときは年金の手続きもあわせて必要になります。
法人組織に雇用されると、国の年金ではなく、会社員が加入する専門の年金になりますよね。
会社を作ったら、その会社の従業員は社長も含めて、自動で専門の年金に切り替わるわけではありません。
これもきちんと手続きをするから、その会社の従業員は会社用の年金に加入できるんですね。
(さらに…)

会社設立虎の巻

税金関係の手続き

登記が終われば、形の上では会社ができていますが、本当にその会社を運営してビジネスをしていくのなら、税金関係の手続きが必要になります。
登記が終わったあとの手続きになりますので、見落としやすいポイントですね。
この手続きも会社設立の手続きだと思って準備しておくと、手続きがスムーズです。
(さらに…)

会社設立虎の巻

会社設立のスケジュール

効率よく会社設立の準備を進めるためにも、この手続きのスケジュールをご紹介しましょう。
まず簡単に手続きの流れをご紹介すると、最初にやるのは事前準備として、印鑑の用意や、定款の草案作成などです。
コレが終わったら定款を作成し、公証役場での認定をもらいます。
ここまで終われば資本金の払い込み、その他の必要書類の作成ときて、最後に法務局で登記をやったら、その会社の設立は一応完了です。
(さらに…)

会社設立虎の巻