会社設立を税理士に相談!費用は? - 会社設立手続き虎の巻

Home » 会社設立虎の巻 » 会社設立を税理士に相談!費用は?

会社設立を税理士に相談!費用は?

会社設立

・会社設立の手続きサポートを税理士に頼むと高い?
会社設立サポートを税理士に頼んだ場合、費用はいくらくらい掛かるのでしょうか?
面倒な書類作業も、専門家のアドバイスを受けながら作成をすれば、スムーズに進みます。
今回は、そんな会社設立に掛かる費用について、詳しく説明したいと思います。

・税理士の開業支援
税理士にお願いすると、開業に関するサポートをしてくれます。
サポートの内容は、会社設立に関する書類作成の手伝いであったり、事業計画書の作成や、会計管理など、経営をトータルでサポートしてもらうことができます。
そのためには顧問契約を結んで担当してもらうことになります。
税理士を雇った場合の費用は、どこまで任せるのかによりますが、大体一つの業務を委託するのに5万円~10万円前後が費用の目安となっています。
これが高く感じるか、安く感じるかは人それぞれですが、税理士を雇うのに掛った費用は、会社の経費として計上ができますので、労力を減らすために可能であれば雇った方がいいでしょう。

・税理士の資金調達サポート
会社設立をする時には、運転資金にあてるためのお金が必要になるため資金調達が欠かせません。
本来なら銀行などの金融機関に融資をお願いして、運転資金を調達するのですがなかなか思ったようにいかないこともあります。
税理士事務所の中には、そう言った資金調達のサポートも行っているところがあります。
事業計画を代わりに作成して、民間の金融機関だけではなく、国の融資制度など様々な資金調達手段を提案し、サポートしてくれるサービスです。
運転資金を集めようと考えている人は、そういったサービスを利用するといいでしょう。

・管理会計を委託
会社の会計を税理士事務所に委託して、経理部門を社内に設置せずに本業に集中するスタイルで運営することも可能です。
管理会計は一般公開する財務会計とは違って、経営者が経営戦略を練る上で必要な情報をまとめる仕事になります。
例えば原価計算や、変動損益計算書、キャッシュフロー分析、経営分析、予算管理などを税理士が代わりにやってくれます。
会計の知識が無い経営者でも、外部から専門家を雇えば、 詳細な分析を行い事業の収益性を明確にすることができます。

・税理士の事業計画アドバイス
税理士は税金の計算だけではなく、事業計画のアドバイスにも長けています。
業務の効率化をサポートし、顧客の紹介までおこなってくれるところがあるので、良い税理士と顧問契約を結ぶのは、会社を成功させるためには、必要不可欠なのかもしれません。
予算に余裕がある場合は、こういった専門家を雇って、自分にとって専門外の分野をサポートしてもらいましょう。

会社設立虎の巻